置賜(おきたま)ってどこ?
 
置賜圏域は山形県の南部に位置し、宮城、新潟、福島の3県に隣接する3市5町(米沢市長井市南陽市高畠町川西町白鷹町飯豊町小国町)で構成されています。
東部に奥羽山脈、南部には、吾妻・飯豊山系、北西部には朝日山系がそれぞれ連なり、磐梯朝日国立公園の主軸を成しています。本圏域の東部は、吾妻連峰を源流とする最上川の源流部に位置し、その流域に米沢盆地が形成されています。また、西部は飯豊連峰を源流とする荒川の源流部に位置し、その流域に長井盆地が形成され、美しい散居集落が形作られています。

置賜はここ!
 
 
 
置賜(おきたま)の由来
 
置賜という言葉はもともと()ki()tomam(とまん)(広い、葦の生えている谷地の意味)のアイヌの言葉に由来すると言われ、これに「優嗜曇(うきたむ)」の字を当てはめたと推測されます。歴史上最初に「日本書記」にでてきますが、「陸奥国優嗜曇郡」が初見です。
「置賜郡」という言葉は古くから使用されており、江戸時代上杉藩から勘定方へ提出した「出羽の国置賜郡村仮名附帳」にはヲイタマと訓が振られています。
 
トップページへ戻る